弁護士紹介

弁護士 小笹 裕一郎 Yuichiro Ozasa

経歴

2003年 一橋大学社会学部卒業
2010年 中央大学法科大学院修了
2011年 新第64期司法修習終了
2012年 弁護士登録
2015年 新潟県小千谷市にて勤務(〜2017年)
2018年 信託会社出向(〜2019年)
2019年 森田・山田法律事務所入所

メッセージ

これまで、一般民事事件(家事事件や行政訴訟事件を含む。)や刑事事件の他、企業の代理人としての訴訟も多数手がけてきました。また、地方公共団体における顧問業務に加え、出向先の企業内部における契約業務や法務コンプライアンス業務など、組織内部での業務にも携わってきました。
企業活動においては、顧客、株主、従業員、取引先、地域社会、監督官庁等、多数のステークホルダー(利害関係者)が存在します。各ステークホルダーは、それぞれ独自の視点や行動原理で活動しており、それらは必ずしも互いに整合的なわけではありません。多数の行動原理が交錯している複雑系の現代社会の中では、ある課題に対して、一面的な見方からの対応のみでは、真に適切な解決は図れません。適切な企業活動を行っていくためには、幅の広い視点から複眼的に検討することが望まれます。
このような社会情勢を踏まえ、日々の業務においては、幅の広い視野に立った上で、これまで経験してきた各種業務の知見を活かし、皆様のお役に立てる真の解決方法をご提案できるよう、努めて参ります。

このページのトップへ